診療内容MENU

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)

日本人の大腸がんは年々増え続けており、罹患数(病気にかかる数)では男性で3位、女性では2位になっています。
また死亡数では男性3位、女性1位のがんです。

● 2014年の罹患数(全国合計値)が多い部位は順に
  1位 2位 3位 4位 5位
男性 大腸 前立腺 肝臓
女性 乳房 大腸 子宮
男女計 大腸 乳房 前立腺
● 2017年の死亡数が多い部位は順に
  1位 2位 3位 4位 5位
男性 大腸 肝臓 膵臓
女性 大腸 膵臓 乳房
男女計 大腸 膵臓 肝臓

【国立がん研究センター 最新がん統計 https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

大腸がんは早期に発見・治療を行えば治る病気ですが、初期には症状がほとんどないため定期的な検査が大切です。
当院では前がん病変であるポリープを検査と同時に日帰りで切除します。

検査料金

当院では大腸内視鏡検査・日帰りでの手術(大腸ポリープ切除)を、保険診療にて行うことができます。

1割負担 3割負担
大腸内視鏡検査のみ 約2,000円 約6,000円
大腸内視鏡検査+ポリープ切除術 約8,000円 約20,000円 〜28,000円
  • 診察代、採血代などは含まれておりません。
  • 投薬や処置の内容によって金額が前後いたします。

検査の流れ

検査希望日の2日以上前

ご予約/事前受診

検査食のご用意や検査のご説明、必要に応じて血液検査などの事前検査を行うため、事前診察を行います。
事前診察の後、ご都合をお伺いし、大腸内視鏡の検査日を予約します。

検査前日

検査前日は、夜8時頃までに消化のよい食事を済ませてください。それ以降は、お茶や水などの水分はおとりいただけます。
検査当日は、朝食を取らずにご来院ください。お水やお茶は飲んでいただいて構いません。

前日の夜8時頃~検査まで

 食事

 牛乳やジュースなど

 水、お茶

前日の夜9時~検査まで

検査当日

当日は朝からお薬を飲んでいただき、お昼すぎから検査を行います。
検査自体は15分程度で終わりますが、場合によっては時間がかかることもあります。
鎮静をしていない場合はそのままお帰りいただけますが、鎮静をした場合は当院で1時間休憩してからの帰宅になります。
その日はご自分で車の運転はできませんので家族に迎えに来ていただくか公共交通機関などのご利用をお願いいたします。

STEP1前処置

前処置は自宅で行うことも可能です。
当院で行う場合は専用のお部屋を準備しています。

ロッカーにて検査着に着替えていただき、検査専用のトイレがある前処置室でお待ちいただきます。
腸管洗浄液(下剤)の服用を検査開始時間の3~4時間前から服用を始めます。
1時間後くらいから便意を催し、服用後2~3時間でほとんどの便が出ます。

STEP2準備/検査

鎮静をご希望の方には、点滴の管から鎮静剤を注射します。鎮静剤は、苦痛なく検査を受けられるよう状態に応じて量を調整します。

検査時間自体は15分程度です。
ポリープ切除をする場合は、1つにつき3~5分程度かかります。
状況により時間がかかることもあります。

STEP3リカバリー

鎮静剤が覚めるまで1時間程度、ゆっくりとお過ごしください。

鎮静をした場合は自分で運転での帰宅はできません。

STEP4検査後のご説明

あなたの検査画像を確認しながら、医師が大腸カメラ検査の結果を診察室でお話しいたします。
「今回の大腸カメラ検査の結果」「次回の大腸カメラ検査をいつ受けたらよいか」「今後、生活習慣など気をつけたほうがよいこと」などをお伝えいたします。